NOV 19, 2019

EVENT REPORT

Marimo RECORDS presents クリエイティブ講座 音楽編

INTRODUCTION

 株式会社マリモレコーズは、音楽と映像を掛け合わせ、企画・制作や、イベントの運営・音響制作などを担っています。音楽を専門とする兄の江夏正晃氏と、映像を専門とする弟の江夏由洋氏を中心とし、業界で大活躍するクリエイティブ集団です。今回は、兄の江夏正晃氏による3回の音楽編講座の様子をお伝えします!

パソコン一台で誰もが音楽クリエイターに?!

 “クリエイティブ“というワードに対してどのようなイメージを持っていますか? 例えば、”創造的でなければならない“ とか、”常に新しいアイデアを思いつかなければクリエイターにはなれない“ と思っている方も少なくないはずです。その概念を覆す体験を、自ら経験することができる。それが マリモレコーズ江夏兄弟の兄、江夏正晃氏presents クリエイティブ講座 音楽編です。

“ 音楽制作を通してクリエイティブを学び、
音の可能性を追求することができるだけだなく、
誰もが簡単に音楽制作に挑戦することができる。”

江夏正晃

マリモレコーズ

POINT

  • 第一線で活躍するクリエイターから通常のカリキュラムでは得られない学びを得る
  • 実際に音楽制作を体験することで、クリエイティブの可能性の幅を広げる
  • 音楽を通してクリエイティブとは何かを学び、社会で活躍する人材育成を目指す

〜講座の流れ〜

5月28日(火):トラックメイキング・作曲に挑戦

6月11日(火):課題作品の発表と講評

7月 9日(火):作品の発表と講評

プロと同じツールを利用するの!?

~ 好きなDAWをインストールしよう~

「DAW」って聞いたことありますか?

DAW」とは、Digital Audio Workstationの略で、簡単に言えば、コンピューター上で音楽を作ることができる機能です。「DAW」があれば、誰にでも、いつでもどこでも気軽に音楽を作ることができてしまいます。

また、有名な歌手のレコーディングや、コンサートなどでも「DAW」は必要不可欠なツールの一つでもあります。音楽制作の経験がある方は聞いたことがあるかもしれません。しかし、音楽制作には欠かせないのです!

 音楽制作未経験の私にとって初めて聞くワードだったので、第一段階から聞いたことのない単語ばかりで、本当に簡単に音楽制作ができるのか正直不安でした。

~何から始めたらいいんだろう~

音楽制作に挑戦するためには、まず無料のDAWソフトを探すところから初めてみましょう。

江夏さんが教えてくださった無料のDAWソフトをつご紹介いたします!(利用可能な機種)

  • REAPER (Mac/Windows)
  • STUDIO ONE (Mac/Windows)
  • GARAGE BAND (Mac)
  • CAKEWORKER (Mac/Windows)

 プロのクリエイターである江夏さんもこれらの「DAW」を利用しているということなので、私たちにもプロと同じツールを利用することができます。すなわち、プロではない私たちにもクリエイティブな音楽を生み出すチャンスがあるというわけです!それぞれ機能の違いなどもあるため、自分の好みにあった「DAW」を探してみてください。

講義中の様子

作曲スタート!

 作曲を始める前に、江夏さんがどのように音楽を制作しているのか、実際に私たちに見せてくださいました。不安な気持ちとワクワクの気持ちを胸に作業スタート!!

1.まずは素材選び

 ベースの音を選ぶ段階で、参加者それぞれの好みが別れていたように思います。最初から独自の世界観に入り込むことができるのも、面白いと感じました。

2.その素材を切り、並び替える

 そのままの音源を使ってしまうと、他と被ってしまう可能性があります。そのため、素材を切り、適当な箇所を削除し、並び替える作業を行います。この時点ではどのような音楽が完成するか、私たちにも、もちろん江夏さんにも想像できません。

3. カタマリができたら、それをコピーし、繰り返す

 音楽は、音・リズムを繰り返すLOOPが存在します。みなさんが好きな音楽や売れている音楽などは、このループが上手くできており、心地よいLOOPが出来ているらしいです。右の写真のように、あっという間にプロっぽくなってきましたね。

グループまたは個人で制作

 最終講義で江夏さんに作品発表があるため、グループまたは個人に分かれての制作をしました。驚いたことに、音楽制作経験者が多数参加しており、個人で作曲に挑戦していた方がたくさんいました。私は、初めてだったので、一緒に参加していた友人と一回生の二人の四人でグループを組み制作に取り掛ることにしました。

 別日に何度かグループで集まり、様々な音源を聴き比べ、素材をいくつか選び組み合わせ、江夏さんから教えていただいたステップでLOOP作成から始めました。「DAW」の使用方法からわからないという状況から始まり、みんなで調べ、試行錯誤しながら進めていきました。しっくりくるリズムに出会うと盛り上がり、ヘンテコなリズムになると爆笑するというような楽しい雰囲気の中、クリエイティブな空間で音楽制作を進めることができました。

チームでの様子

作品発表当日

クリエイティブプロジェクト最終日!!

いよいよ自分たちの作品を発表する時です。

 他の方々の作品は、機械的な音、静かな音色で創られた音楽、ロックな感じ、CMですでに流れてそうな音楽を上手に作ることが出来た人など様々で、本当に一人一人がクリエイティブという言葉の枠にはまらず、個性をリズムにのせている感じがして、みんな違う雰囲気の曲ができていて面白かったです。

 私のグループは4人とも初心者で、作業には苦戦していましたが、音楽を作っている最中は音楽クリエイターになることができていたのではないかと思います。江夏さんにも褒めていただき、嬉しかったです。

他の参加者が音楽作品を聞いている様子。

講義を通しての江夏さんの思い

 クリエイティブプロジェクトラスト講義で、全員の作品を聴いてくださった江夏さんから、これからの私たちに向けてのメッセージを残してくださいました。

“どうやって音楽が作られているか、
仕組み・ロジックを知ることが
このプロジェクトで一番重要なこと“

江夏正晃 

マリモレコーズ

 「パソコン・コンピューターに支配され始めている今、どのようにそれらのテクノロジーを使いこなすか探る時代に突入している。」と江夏さんが仰っていました。音楽のことを知らなくても、私たちが体験したように、無料のDAWソフトをインストールし、単純な作業を繰り返すだけでなんとなく音楽ができてしまいます。この先、素人でもプロを超えるような作品を創り出す人々が、音楽だけでなく様々な分野で増えてくるはずです。

「作曲のその先へ」

江夏さん:「技術の先はいろんな方向を向いている。

      自分から能動的にテクノロジーにアプローチすることができるかが大切。

      そうじゃないと、コンピューターに使われる側になってしまう。

      まずテクノロジーに触れることが大切。

      自分から知る。自ら技術を調べ、使いこなし、

      何かを生み出せるような人になってほしい。

“パソコン・テクノロジーを利用して何ができるでしょうか。
使い方はあなた次第です。“

江夏正晃 

マリモレコーズ

 江夏さんのこの言葉を胸に刻み、音楽だけではなく様々な分野にアンテナを張り、将来どのフィールドでも活躍できるようなクリエイターになれたらいいなと強く思いました。

 後期には、マリモレコーズ江夏兄弟の弟 江夏由洋氏による、クリエイティブ講座 映像編も行われていますので、ぜひ参加してみてください!(既に募集は終了しております)

EDITING TEAM

  • Editer

    谷川 孝寛

    ゼロテン編集室

  • Writer&Photographer

    池田由季

    ゼロテン編集室

RELATED STORIES