DEC 16, 2020

EVENT REPORT

第一回起業家育成フォーラム

INTRODUCTION

インキュベーションファクトリーでは、起業家人材育成を目的として様々なプログラムを実施しており、
今年度の集大成として「起業家育成フォーラム」を開催しました。
第一部では近畿大学の起業家育成への取り組みや実績、来年度の予定などをご紹介。
第二部では、起業プログラム参加学生や一般公募の学生によるビジネスプランコンテストを実施しました。

2020年11月26日(木)
第一回起業家育成フォーラムが実施されました

11月26 日(木)実学ホールにて、「KINDAIインキュベーションファクトリー」が取り組んでいる起業家人材育成プログラムの集大成として、「第一回起業家育成フォーラム」が開催され、その模様がZOOMで生配信されました。

メインプログラムとして、展開した学生によるビジネスプランコンテスト「MIX MODERN」 では、様々な起業家育成のプログラムを受講した学生を中心に、予選を通過した学生チーム6組が参加。激戦の末、見事優勝に輝いたのは“Lean LaunchPad _2019”を受講した「サークルヒッキー」。当日プレゼンをしてくれた増田くんの小気味良いテンポの発表が審査員にも響き、栄冠を勝ち取りました!

image9.png

image10.png

優勝チームインタビューで増田くんは、「今日も寒いので部屋から出ようか迷いましたが、出てきて良かったです」とユーモアたっぷりに応え、「評価いただいたことももちろん嬉しいですが、少しでも”ヒッキー”の課題が皆さんに伝わった結果だと思います。これをきっかけにサービスを実現してヒッキーのみんなを救えるように頑張りたいと思います」と決意を新たにコメントしてくれました。

また、チームメンバーへのインタビューで、「リーンローンチパッドという講座でチームのメンバーと出会って、もう1年以上になります。いろんな出会いがあって、今日も皆さんのプレゼンを聞けて面白かったですし、見ている方で興味があるという方は、是非飛び込んで見てほしいなと思います。」とコメント。

更に、オンライン視聴者の投票による「オーディエンス賞」には、“Lean LaunchPad_2020”を受講した「使い切りレシピ」が選ばれました。受賞した大橋くんは、「私達のビジネスアイデアはまだ2ヶ月しかブラッシュアップできていないので、皆さんの期待に応えれるように、早めにサービスを展開できるように頑張ります。」と決意表明をしてくれました。

サークルヒッキー

さまざまな理由で学校に通えずに学習が遅れている「10代の引きこもり」向けの支援サービス。発達障害や学習障害に悩む方々を支援し、社会とつながる手助けを行うことを目的としています。

アカデミックシアター八角委員長と優勝したサークルヒッキーのメンバー

使い切りレシピ

一人暮らしで自炊をする大学生は多いですが、一人暮らしの自炊は意外と時間やお金の節約になりません。その原因を解決し、家で料理をする人のために、キッチンの"あたりまえ"をつくり変えます。

審査員の180株式会社 上仲昌吾氏とオーディエンス賞を獲得した使い切りレシピ大橋くん

インキュベーションファクトリーの取り組みについても紹介されました

「KINDAIインキュベーションファクトリー」では、起業家に向けた興味喚起の機会を提供するセミナーから、起業家に向けた支援、そして「OKonomi」と名付けた個別のプログラム等を提供しています。
すでに6社の法人設立を支援しており、今後は年間10社の設立を目標として活動していきます。
また今年実施した各講座の取り組みにも触れ、「OKonomi」「KINDAI STARTUP ACADEMY」「Lean LaunchPad」 「SDGs×問題解決プログラム」「G’s CAMP Kindai」「INNOVA JUNCTION」とそれぞれのプログラムを紹介。視聴した学生からは来年は参加したいというアンケートの回答も多数寄せられました。

アカデミックシアター事務室 主任 兼 インキュベーションファクトリー メンター

RELATED STORIES