ACADEMIC THEATER

Who We Are

学生、企業、地域と
交わる新しい
実学の実践。

THREE FUNCTIONS

実学を支える3つの機能

近畿大学アカデミックシアターは、建学の精神「実学教育」と「人格の陶冶」を礎に、人間のあらゆる知的好奇心を揺り動かす”知の劇場”。
アカデミックシアターには実学の基礎となる本分類「近大INDEX」、社会価値を生む実学プロジェクト「ACT EX(イーエックス)」と来春オープン予定のモノづくり拠点の3つの機能があります。

実学に向かう知の分類 近大INDEX

図書十進分類法を下敷きにしつつ、新たな実学的・文理融合的なリベラルアーツ感覚によってタイトリング・選書されています。学問としての基礎知識はもちろん、社会に価値を発信する「実学」の礎になる選書を行い、学部生も研究者も新たな発想や発見が得られる編集的な本の空間を展開します。

BIBLIO THEATER

近大INDEXという町の本屋のような学生にとって身近な図書分類法を導入した図書館スペース。1階をNOAH33、2階をDONDENと呼んでいます。NOAHは7つのエリア、DONDENは11のエリアにそれぞれ分かれています。

10号館側の入り口から入り、エントランスの側にあるマグロの模型を通り過ぎて、まっすぐ進むとCHANCEエリアです。CHANCEは、最初に学習する機会、実学へ向かう契機に出会うエリアです。銀の棒がある中央中庭のまわり一体がCHANCEエリアと、1番広いエリアです。中庭の周りをぐるっと一周してみてください。

6号館側の受付側を目指していくと、CHAINエリアに到着します。CHAINは、人と人、人と情報が連鎖し、コミュニケーションを学ぶエリアです。「IT」「メディア」などのタイトルの本が沢山並んでいます。本棚の目次は青色。近くにNOAH selectionの棚があり、受付側にまっすぐ歩くとカフェに行くことができます。

18号館側のエリアは、CHARGEエリアです。CHARGEは、何かを生み出すための技術や方法を蓄積するエリアです。
ACT414のPCルームの正面にあります。

10号館側の入り口から入って、エントランスすぐにあるマグロの模型の右側がCHALLENGEエリアです。CHALLENGEは、語り難いものを言葉やビジュアルで伝えることに挑むエリアです。
大きなV字の木の柱が目印。自習室の近くにあります。

31号館側にのエリアはCHARMエリアです。CHARMは、デザイン、音楽、芸術などクリエイティブな表現で魅了するエリアです。ACT-213のKBSスタジオの側にあり、本棚に飾ってある初音ミクのフィギュアを見つけたら合っている証拠。2号館とつながっている場所にあります。

31号館側、ラーニングコモンズの側にあるのがCHANNELエリアです。CHANNELは、アジア、アメリカ、ヨーロッパ、世界へとつながるチャンネルを見つけるエリアです。
ヨーロッパの絵画が載っている本が飾られていたり、少し上を向くと黒い本が沢山置いてある本棚があります。

6号館側の受付側の周辺は、CHANGEエリアです。CHANGは、日本・大阪・近大から発信し、社会や未来を変えるエリアです。このエリアからは、V字の木の柱の奥にラーニングコモンズが見えます。

CHANCE

CHAIN

CHARGE

CHALLENGE

CHARM

CHANNEL

CHANGE

10号館側の入り口から入って、中央階段をのぼってすぐの場所がMODEエリアです。MODEは、古典から世界文学まで、日本近代文学からエッセイ・随筆まで。文学の翻案や方法に触れるトピアです。扇子や十二単のイラストが飾られている本棚や、試験管やビーカー、キャラクターの人体模型が置いてある本棚もあります。

2号館の隣にあるのがENGINEERINGエリアです。ENGINEERINGは、サイエンスから工学まで、実学としてのテクノロジーから空想としてのSFまでをあつかうトピアです。太陽の塔や銀の飛行機のフィギュアが飾られています。側にはキャリアセンターがあり、赤い椅子が並んでいます。

オープンキャリアサテライトの部屋の正面がGROWTHエリアです。GROWTHは、受験や就活、多様な職種や仕事に対する価値観など仕事や人としての成長をテーマにしたトピアです。島耕作のサイン入り色紙や、ネクタイ、人生ゲームが目印です。

ACT-424のPCルームの正面がLEGENDエリアです。LEGENDは、マンガの歴史を方法的に時代的に画期したマンガ家5 0人のマンガとアニメーション関連で構 成したトピアです。

3号館(自習室)の隣がHISTORYエリアです。HISTORYは、古代から中世、近世から近現代までの日本史、西洋から東洋に及ぶ世界史で構成されているトピアです。レンガの壁の向こうには自習室が見えます。日本の昔の地図や屏風が飾られていて、「織田信長」などの戦国時代の武将の名前のタイトルの本が沢山並んでいます。

黄色い工事のヘルメットを見つけたら、INTELLIGENCEエリアに到着です。INTELLIGENCEは、事件や事故の真相や推理、国際関係の諜報など情報を幅広くとらえて構成したトピアです。本棚には白文字でセリフが書かれていたり、怪しい雰囲気か漂うエリアです。

ゲゲゲの鬼太郎のイラストが飾られている場所がALIENエリアです。ALIENは、異質との出会いをテーマに、神話や伝承、未知への憧れと畏れをあつかうトピアです。黒いお茶碗、拳銃など、不思議なものが沢山飾られています。

PASSIONエリアはカラフルなものが沢山飾られている、にぎやかなエリアです。PASSIONは、感情が動かされる恋愛や笑いをテーマに、その物語や方法や原理を知るトピアです。麦わら帽子やキャップには「妄読」「精読」など気になる文字が沢山。ベリーちゃんのフィギュアやピンクのアフロウィッグなどが飾られています。

ACT-126の先進AIプロジェクトの側にあるのがBODYエリアです。BODYは、野球、サッカー、相撲、ボクシング、陸上、自転車など多様なスポーツをあつかうトピアです。1号館とつながっている場所にあり、阪神のユニフォームや野球のボール、スラムダンクのイラストが飾られています。

CNNCafeの隣がCOMMUNICATIONエリアです。COMMUNICATIONは、親子、家族、地域、食事、ペットなど日常のコミュニケーションにまつわるテーマによるトピアです。泡立て器などの調理器具や、小鳥が飾られています。

ACT-122のアカデミックシアター事務室の向かって右隣がSPECIALエリアです。SPECIALは、文化的な趣味に関する書籍と学生の企画による棚で構成されているトピアです。
1号館側にあり、大きなえんぴつのフィギュアが飾られています。

MODE

ENGINEERING

GROWTH

LEGEND

HISTORY

INTELLIGENCE

ALIEN

PASSION

BODY

COMMUNICATION

SPECIAL

社会価値を生む実学プロジェクト ACT EX

近畿大学の学生が主体となり、教職員、企業、地域住民の方々と協働しながら、新たな社会価値を生む試みを仕掛けていくのがACTプロジェクト。ACTプロジェクトは1年毎に採択され、それぞれが自主性を持って取り組みます。年間のプロジェクト数は30で、イベント数は150回にものぼります。